+Sew(プラッソ)について +Sew(プラッソ)は、ソーイング(洋裁)を愉しみ、暮らしを豊かにすることを目標としたサイトです。+Sew(プラッソ)について +Sew(プラッソ)は、ソーイング(洋裁)を愉しみ、暮らしを豊かにすることを目標としたサイトです。

+sew(プラッソ)は、ソーイングから広がる世界観を表した名前です。

「お店で売っているようなクオリティの洋服を作りたい」「プロの作り方や現場を知りたい」という方に向けて、独学ではたどり着けないステージへ行けるよう、洋服づくりのコツやポイントをご紹介しているサイトです。

洋服の出来栄えは、型紙によって8割が決まることから、アパレルでデザインとパターン経験のある店主が作った、初心者にも分かりやすい型紙も販売しています。

服作りは、使用する生地や型紙、ミシンなどによって微調整が必要で、このような応用力は何度も挑戦することでしか身に付けることができません。

キレイに作れない時は、+sew(プラッソ)でご紹介しているコツを参考にしたり、ちゃきステ型紙を使ってチャレンジして頂けたら、とてもうれしいです。

ちゃきステ型紙を使ってチャレンジして頂けたら、とてもうれしいです。

自己満足で作っても、広がりが感じられるのがハンドメイドの魅力

裁縫は、何度でも愉しめる素敵な趣味です。(まるでスルメのように!)

・生地を選ぶとき
・洋服を作っているとき
・着てくれたときの喜び
・プレゼントした時
・周りの人に褒められたうれしさ  など。

そうやって完成した思い出に残る洋服は、あなたが死んだあとも、ずっと残るもの

ちょっと大げさに聞こえるかもしれませんが、いわば自分の残した足跡の1つ生きた証なのです。

もっと広い次元で広がりが感じられる。それがハンドメイドの魅力です。

あなたも限界を超えていませんか?

まわりを見渡すと、家事・育児・仕事に追われて、自分の限界を超えて働いているお母さん達がたくさんいます。

そうやって頑張ってきたのに、子供が自立した後、心にぽっかり穴が開くような喪失感に襲われたり、自分の人生に自信を持てず悩んでいる方が大勢いらっしゃいます。

裁縫を通して、自分に自信がついて周りからも認められる。
家族との暮らしや仕事にハリが出て、充実した暮らしを送ることができる。

妻と母親だけを生きるのではなく、自分の人生も愉しんで生きられる。

+sew by ちゃきステは、そんな暮らしのお手伝いができればと考えています。

子供の記憶に残る服

わざわざ時間や手間やお金をかけて、洋服を作らなくても、お店やネットで、なんでも揃えられる時代です。自分で作るより安く買えますし、何よりラクチンですよね。

それでも作るということに、ハンドメイドの意味があります。

それは、どこかの誰かが考えて作った洋服ではなく、あなたが作ること=たった一人のお母さんが作ってくれた特別な洋服になるからなんです。

子供の記憶に残る服

『お母さんに作ってもらった、あの洋服大好きだったな~。』
『ママが作ったあの帽子で、○○へ行って楽しかったな~。』

そんな風に、子供が思ってくれたら最高じゃないですか?(笑)

さらにうれしいのは、それが子供の記憶となってずっと残り、孫に語り継がれていく。

ハンドメイドは、そんなすばらしい世界へつながっているものなんです。

ちゃきステの型紙は
どんな型紙?

+sew(プラッソ) by ちゃきステは、子供服をメインに、ベビー服・レディース服・メンズ服の型紙、帽子やエプロン、入学入園準備用品の型紙のダウンロードで販売しています。

印刷型紙を発送して販売しているちゃきちゃきステッチ(通称ちゃきすt)の姉妹店です。

ちゃきステは楽しい記憶と寄り添う型紙を目指し、あなたやあなたのお子さんの「思い出の洋服」になる型紙を作りたいと思っています。

ちゃきステ型紙を使ってチャレンジして頂けたら、とてもうれしいです

ちゃきステの型紙は、誰でも縫いやすいように、アパレルで使われる工業用パターンをベースに、ソーイングで縫いやすいラインや仕様に変更したオリジナル型紙です。

レシピは「初心者でも迷わない」をコンセプトに、プロ仕様の型紙と初心者でも迷わないレシピであなたをサポートします。

※ダウンロード型紙のため、貼り合わせが必要です。

こんな人にオススメ

  • 出産を機にソーイングを始めた。
  • 入園準備で袋ものを作る必要がある。
  • 簡単に作れるプロ仕様の型紙がほしい。
  • 本の型紙で作ってみたが断念した。
  • 簡単でキレイに仕上がる型紙が欲しい。
  • ダウンロードですぐ買いたい。
どうしたら使いやすく 作りやすくなるか?

どうしたら使いやすく 作りやすくなるか?
プロの目と技術・経験で研究

型紙は、ほんの数ミリ型紙のラインを変更したり、縫う順番を変えるだけで、洋服の作りやすさや型紙のアレンジの幅が激変します。

だからこそ、ちゃきステは細かい部分までこだっています。

どうしたら使いやすく 作りやすくなるか?

例えば衿ぐり。衿リブには伸縮率というものがあり、それを考えずに作ると衿が立ってしまったり、衿ぐりが伸びてしまったりします。

例えばちゃきステではミリ単位の調整をして、キレイな衿ぐりになる伸縮率を割り出しています。

その他の部分も、どうしたら作りやすくなるか、プロの目と技術、そして経験をもとに想像&検証を繰り返しながら、時間をかけて製作しています。(そのため、他のお店の型紙より数百円ほど高くなっています。ごめんなさい!)

こうした地道な努力が実を結んで『簡単に作れたのに、いつもよりキレイに出来た!』『ちゃきステの衿はキレイ』と言って頂けるようになりました。

1つの型紙で何度も使える

1つの型紙で何度も使える

『生地も高かったし、ちょっとでも安い型紙を…』

という気持ち、分かります!

型紙の時点では、完成品の出来栄えが分かりづらく、数百円の差が大きく感じるかもしれません。

ちゃきステの型紙は、仕上がりがキレイです。サイズに問題なければ、衿ぐりも伸びず来シーズンも着られます。だからお子さんが使い回ししやすそうな型紙を1つを買って、何度も作ってください。

作る回数が増えるとよりキレイに仕上がるようになるので、もっと短時間で簡単に作れるようになります。

おしゃれな洋服を作っている作家さんの多くが、いつも同じ型紙で洋服を作っているのも、そんな理由からなんです。

仕上がりが悪くてヘビロテしない⇒次の型紙を買う⇒やっぱり出来が悪い⇒また次の型紙へ…という方は、負のスパイラルにハマっている可能性が高く、損してるかも知れません。

ちゃきステの型紙は、長く着られるように研究された型紙だから、結果的にお得なんですね。

 

動きやすく 安全・防犯まで考えたデザイン

動きやすく 安全・防犯まで考えたデザイン

大人目線で考えたおしゃれな洋服は、子供にとって動きにくく、ヘビロテしてもらえません

子供は公園などで激しく動き回るので、動きやすさと防犯を考慮したデザインが必要です。

動きやすい服意外なところで引っかかって転んだり、すったりしてケガをしてしまう子供達を守る役目

できるだけ体の中を見せない犯罪からできるだけ子供を守ること

 

初心者でも迷わず縫える丁寧なレシピ

初心者でも迷わず縫える丁寧なレシピ

毎日忙しいお母さん。ソーイングが出来るのは、夜中だったり早朝だったりしませんか?

そんな時、レシピが分かりにくくて中断してしまったら……。放置……ですよね?(笑)

だからちゃきステは、分かりやすさをかなり重要視しており、初心者も迷わず一気に縫えるよう、すべての工程を記載した作り方になっています。(図解がたくさん入っており、中には13ページもあるものも。)
制作者側からすると、省略してもっと簡単にした方がラクだな、と思うことが何度もありますが……。(笑)

手を抜かずに、真摯に向き合っているからこそ、 『ちゃきステといえばレシピが丁寧!』『説明が分かりやすい!』と言っていただけるようになりました。

ただし、ソーイング上級者には、苦手なレシピだと感じる方もいらっしゃいます。(常識だから不要と感じる内容も入っているので当然ですね。)

どちらの方にも満足していただけるレシピを作れないか、何度も改良を重ねていますが、中々頂上にたどり着けません。その時々で答えが変わることもありますので、温かい目で見守って頂けたら幸いです。

ちゃきステの願い

ちゃきステの願い

ちゃきステの願いは、ヘビロテする服を作ってもらいたいということです。

親目線でいえば、子供に着せても安心なデザインで、簡単に作れて仕上がりがキレイ。
子供目線でいえば、かわいくて動きやすく、着ていてラクだからヘビロテしちゃう服!

時間もお金も無限にありません。

あなたやお子さんの中に思い出の洋服がハンドメイドなら、それは本当にすごいことです。
ハンドメイド冥利(みょうり)に尽きますね。

その時の型紙が、ちゃきステの型紙だったらいいなぁと、そんなことを想像しながら(たぶんニヤニヤしながら。笑)、日々頑張っています。

PROFILE
店主の小糸

店主の小糸

モード学園卒業。アパレルメーカー、アパレル商社で、幅広い年代のレディース服(ブラウス・カットソー・ニットなど)のデザイナー・パタンナーとして勤務。また新規事業部立ち上げのため、海外工場の選定・企画・デザイン・営業など幅広い業務を担当し、ブランドのトータルプロデュースを行う。
仕事やデザインが大好きな猛烈社員だったが、自分の人生設計を考えてアパレル業界を離れることを決意。

その後、人材育成大手のキャリアアドバイザーとして、1,000名以上の方の就職相談を受ける。多くの人が仕事や生き方について悩んでいることに気づき、働くことや家族・プライベートの時間とのバランス(ライフバランス)を深く考えるきっかけとなる。
結婚してからは、同職場で広告やチラシ、各種マニュアル作りなど印刷物のデザインを担当。試行錯誤を繰り返し、デザイン性と的確さの両立を考えたデザインを追求。

自分の大好きなことを通して、多くの方に愉しい暮らしを届けられることを願って、ソーイングブランド『子供服型紙販売ちゃきちゃきステッチ』『+Sew(プラッソ)byちゃきステ』の店主として、現在奮闘中。