【新作型紙】ゆるテーパードズボンの型紙モニターさん作品

 

今日は型紙モニターで120サイズを担当asumiさんの作品をご紹介します。

子供服ゆるテーパードパンツ型紙120-ニット作品参考前

モデルは116cm・21.1kgの女の子です。

 

写真にも記載していますが、この売るテーパードパンツは布帛用の型紙なのですが、モニターさんから「ニットでも作っても良いか?」とお問合せ頂きましたので、シルエット的にも、型紙のライン的にも問題なさそうなのでOKにしてみました。

 

 

チュールアレンジ

 

子供服ゆるテーパードパンツ型紙120-ニット作品-チュールで3段フリルアレンジ

2段フリルの型紙ですが、上フリルの巾を2cm短くしたチュールを重ねて、3段にアレンジして下さいました。(横の長さは上フリルと同じです。)

 

3段アレンジでのチュールアレンジだけでなく、上下のフリルをチュールにしたり、下だけチュールにするなど、いろいろとアレンジが効きます。チュールは端始末も不要で、華やかになるので、おすすめの素材ですよ~。

 

+sew店長の小糸
チュールには固さや色など選べるので、イメージに合わせてボリュームを調整できますよ~。

 

 

ニットで作る意味

 

ニット生地で作ると、かなり運動量が増えて、履き心地がとってもラクです。

子供服ゆるテーパードズボン型紙フリル付き120-ニット参考体操服ジャージやパジャマ部屋着にも

モデルさんは、ダンスをやってらっしゃるのですが、激しい動きでも快適に動けたそうです。

 

ニットで作る注意点

1生地が伸びてしまう

    子供服ゆるテーパードパンツ型紙120-ニット作品-股上股下は伸びるので注意

    ニットで作る場合、裏毛などしっかりした厚めの生地で作ると思いますが、どうしてもカーブラインの部分が伸びてしまいます。

    部屋着やパジャマであれば、伸びてダラダラでも気にならないかも知れませんが、人前に出るパンツとして作る場合は、股上や股下には、ニット用の伸び止めテープを貼って、伸びを最小限にして頂くと良いと思います。

     

     

    2シルエットが違ってきます

    子供服ゆるテーパードパンツ型紙120-ニット作品-体操服のジャージやパジャマのようなシルエット

    腰回りが少し丸く、裾に向かって細くなるテーパード特融のシルエットが出にくくなります。(使用生地によっても違いはありますが…。)

    一般的に布帛生地は、ニット生地よりハリがあり、薄手で軽いのでキレイにシルエットが出ますが、ニット生地はやわらかく落ち感のあるものが多いので、普通のジャージ的なイメージになります。(幼稚園や小学校のジャージの履き心地を求めてますので、当たり前ですが…。)

     

     

    結果的に…。

     

    この型紙は、布帛専用の型紙として販売することにしました。当初イメージしていたズボンのシルエットが、ニットでは出にくいことが明確に分かったので。

    ただし、上記の注意点を分かってくださる方は、ニット生地で作って、らくちんパンツとして履いていただければと思います。

    それにしても、使用生地でこんなにイメージが変わるなんて、ソーイングは奥深いです。

    +sew店長の小糸
    asumiさん、ニットで作って頂き、ありがとうございました。

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    おすすめの記事