「どのミシン針の使い分け方がか分からない。」「ミシン針には種類ってあるの?」「ミシン針のつけ方って?」「工業用ミシン針と家庭用ミシン針の違いって?」そんな疑問を持っている方へ向けて、型紙屋が洋裁用語集の「ミシン針の種類と使い分け」について、詳しく解説しているページです。

 

ミシン針とは?

ミシンに取り付ける縫い針のこと。

 

ミシン針には、大きく工業用と家庭用の2種類があります。

工業用ミシン針

柄の部分が丸くなった「丸針」と呼ばれる針です。色んな種類のミシンに対応しているため種類が多いが、一般の方は工業用ミシンを持っていないため、手芸店では販売していないことが多く、販売している場合でも種類が少ない。職業用ミシンは、工業用ミシン針と家庭用ミシン針の両方が使用できます。

高速回転する工業用ミシンのパワーに負けない針の為、家庭用ミシン針と比べて耐久性がよく、針の素材も違うことが多いです。

ミシン針が丸いため、取り付ける向きに注意する必要があります。糸を通すへこんだ側が、ミシンの内側にくるように取り付けてください。

 

 

家庭用ミシン

良く使うのは『HA×1』と表記された「平針」と呼ばれる形状の針です。柄の一部分が平らになっています。
ミシンを購入した際に、付属で付いてくる針は大抵『HA×1』です。一部が平らになっているため、取りつけがしやすく、取り付けミスが無いのが特徴です。100均にも売られていますね。

麻衣
家庭用ミシンには家庭用のミシン針なら何でもいいんだよね?

+sew編集部
ミシン針は、縫う生地に合わせて変える必要がありますよ~。

 

 

ミシン針の使い分け方

ミシン針は布地の厚みや特性、使用用途に応じて使い分けます。

組み合わせが適切でないと、縫い目が綺麗にならず、縫いジワや目飛びの原因になるからです。

細い針で厚地を縫うと、針が折れたり曲がったりすることもあります。

麻衣
ミシン針に彫ってある9とか14って何?

+sew編集部
ミシン針の太さを表しています。だからピンクッションに刺してある状態でも、針の太さが分かりますよ~。

 

ミシン針は、9番や9号と呼ばれ、太さを数字で表します。家庭用ミシンで一般によく使われる針は9番、11番、14番で、数字が小さいほど細く、数字が大きいほど太い針になります。

 

ミシン針の太さに適した素材例

  • 9番(号)・・・ガーゼや、ローン、チュールなどの薄地
  • 11番(号)・・・シーチング、ブロード、タフタ、オックスなどの普通地から中肉地
  • 14番(号)・・・デニム、キルティング、コーデュロイ、ツード、帆布などの中肉地から厚地

 

※薄い生地には細い針を使用し、厚手の生地には太い針を使用します。

ミシン針には、生地の厚みによる種類だけでなく、生地の特徴に合わせて針先の形状や材質を変えた、専用針もあります。

 

専用ミシン針の種類

 

ミシン針を取り替える頻度

縫製工場では、毎日針を交換すると聞いたことがあります。

もちろん、縫製工場によって、または縫う洋服の種類や枚数によって違ってくると思います。

では、趣味のハンドメイドでは、どのくらいの頻度で替えるのか?

「みなさんはどのくらいで替えますか?」

毎月?半年に1回?1年以上?

一般的に針先が丸くなったらとか言いますが、丸いかどうか肉眼では分かりませんよね?(笑)

前にデザイナー&パタンナーの集まりで質問すると、

「家庭用なら、折れたら替えるくらいで十分!」

という声が多数でした。

+sew by ちゃきステでは、針が折れた時と、縫い目がキレイでない場合に、針を替えることが多いです。

ミシン針を替えることで、少し縫い目の汚さが解消されることもあるので。(笑)

ミシン針を正しく選ぶことで、美しい縫い目になり、トラブルも防ぐことができるので、ミシン針は適したものを、しっかりと理解し選んでくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事