「ブロードとは?」「ブロードってどんな生地?」「ブロードはどんなものに適した生地かを知りたい。」 そんな疑問を持っている方へ向けて、型紙屋が洋裁用語集の「ブロード」について、詳しく解説しているページです。

 

ブロード生地とは?

Yシャツやブラウスによく使われている薄手の生地。主に綿素材。

 

ギュッとしっかり織られているので強度が高く、汗などにも強い吸水性があり、扱いやすい素材です。
コットン生地の中でも代表的な生地で、万能な素材です。

最近は、T/Cブロードという、ポリエステルと綿が混じった生地が、シワにならずとろみが出るので人気です。

 

 

そもそもブロード生地ってどう作られている?

ブロード生地は、経糸(たていと)と緯糸(よこいと)が同じ太さの糸を使用している生地です。

平織という、経緯(たてよこ)の糸が「網目のようになっている」基本的な織り方の生地。

40番手~200番手の糸で織られており、一般的には、40~60番手の糸で作られている生地が手に入りやすい。80番手以上の生地は、高級素材として販売されています。

 

ブロード生地の別名

 

イギリス⇒「ポプリン」語源はフランスの地名。

    日本では20~30番手のブロードとして区別している場合あり。

 

アメリカ⇒「ブロードクロス」

    日本では、ポプリンより細い糸を使ってより強い密度で織られた生地だけを「ブロードクロス」と呼ぶ場合もあり。

もともとは羊毛でできた目の詰まった毛織物の総称で、本来は羊毛100%のものに限られていました。

今では綿が主流で、絹や合繊繊維もあります。

 

ブロード生地の特長

光沢があり、滑らかで柔らかい風合いの生地です。

ブロード生地を使用して子供服型紙で作ったワンピース

薄手の生地なので、ギャザーもキレイに入ります。

 

ブロード生地に適した洋服や雑貨など

季節を問わずシャツやドレッシーなブラウス、パジャマ、カジュアルスーツ、スカート、ワンピース、エプロン、巾着、ハンカチなど幅広く使われています。(薄手のため、洋服の場合は、主に春夏ものに使用されます。)

無地やストライプなどの織りによる柄だけでなく、プリント生地もたくさんあるので、ハンドメイドでもよく登場する生地です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事