※この記事には作品の販売について、ちゃきステの背景と、現在の考え方を書いています。

 

型紙屋が避けて通れないもの。

それは買った型紙の転売と作った作品の商用利用です。

 

型紙の転売については

型紙とレシピの転売やコピー、マネしてアレンジしたものを販売するなどについて、すべて禁止しております。

転売されると型紙屋は運営できませんので、これはずっと禁止にしていく予定です。

+sew店長の小糸
ちゃきステは小さな店なので、転売OKになったら、すぐつぶれるんじゃないかと思います。残念ですが…。

迷っているのは、作った作品の販売についてです。

 

作った作品の販売について

+sewを含むちゃきステでは、個人で作った作品の販売は実社会・ネット上含めて基本的にOKです。枚数制限もありません。

以前、枚数を設定して欲しいとのご要望があった為、1度の販売に、1サイズ5枚で、1型合計40枚を目安にとお伝えした事はあります。(昔はよくある質問にも載せていました。)

お店の売り場を見ても、1型40枚置いてあるのはだいたい大型店だけなので、普通の方は気にしなくても良いレベルの枚数です。

ネット上でも、1ヶ月に同じデザインで同じサイズの服を40枚も販売している方というのは、本業の方ぐらいでしょうし。

ただ、販売する場所について、ちょっと不安がありまして、現状ではネットオークション・楽天・yahooオークション・minne・creema・iichi等は販売をNGとさせて頂いております。

要するに、不特定多数の方が集まって販売しているサイト(オークションやハンドメイドフリーマーケットサイト)で、問題が起こらないように規制させていただいている感じです。

 

なぜminneなどで禁止しているのか

上記のサイトは、型紙モニターさんやお客様から、出品者として嫌な思いをされた等、良い噂をあまり聞かないためでもあります。(いい感じで利用されている方も多いと思いますので、たまたまかも知れませんが…。)

最近、特に多くの方から、minneでの販売をOKして欲しいとの要望や質問を頂いております。(メルカリも多いです。)

お問い合わせをいただく方は、規制を守るまじめで良い方ばかりですので、問題ないのですが、世の中には、いろんな人がいらっしゃいます。

小さな型紙屋の出した型紙で、そこまで大きなことになることはないと思いますが、型紙をコピーしたり、マネをされるというだけでなく、考えられないような使い方をされることもありうるので、怖いなと。

問題が発生した場合、ちゃきステのような小さなネットショップでは対応することが難しいため、規制させて頂いている状況です。

 

アパレル業界での訴訟について

実はアパレル業界には、訴訟が結構あります。

みなが同じデザイン(雰囲気)の洋服を着ないと、流行り=トレンドにならないので、他の業界よりはゆるいのかも知れませんが、色んな訴訟の噂を聞いてきた身としては、戦々恐々としていまして…。

 

作品販売の現状と悩み

ネット販売についての販売禁止の規制は、今の時代に合っていないと思うので、どのようにしたらよいか、日々悩んでいるんです。

特にちゃきステの型紙は高いです。

「わが子のためだけに買うには高すぎる。」

「かわいい型紙だから欲しいけど、minneで販売できないから買わない。」

という声もよくいただいています。(特にここ最近は多いです。)

+sew by ちゃきステ
minneのシェア率がすごすぎる!

※minneやオークションサイト、メルカリなどの大手以外のサイトでは、現在でも販売可能です。

「minneで販売出来なくても欲しい!」

「値段が高くても欲しい!」

と思っていただける程の型紙を、発売しきれていないちゃきステの実力不足もあり、どのようにしたら良いかやり方をつめているところです。

ハンドメイド業界が活気づくことは良いことですし、色んな方にちゃきステを知って頂きたいので、早ければ明日にでも、どのようにするのかお伝えしたいと思っておりますので、もう少しお待ちください。

 

今月のちゃきステオープン日

今月のちゃきステのオープン日ですが、メルマガにて4/17くらいとお伝えしておりましたが、4/19にオープンすることになりました。

お時間を頂いて申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事