※リニューアル前にUPしたブログ記事を再構築して掲載しております。(2018-03-23掲載)

天気が良くて暖かい日は、5月中旬くらいの気温になる日も出てきましたね。

日差しが強くなると、気になるもの、タイトルの答えは帽子です。(写真ですでにバレてます…笑)

5月には、紫外線がピークになるので、外遊びの多い子供のためには、ぜひとも早めに用意したいアイテムです。

そんな子供用の帽子って、一体どんなものが良いんでしょうか?

おとなと同じようにデザイン重視でいいんでしょうか?

一番良い帽子は、その家族にとって使いやすいことが第一条件です。

なので、一般的に良いといわれている帽子が、あなたの子供や家族にぴったりとは限りません。

子供の頭に合うことや、日差しを遮ることができる、頭を守れるなど、

一般的なことは、だいたいの帽子で対応しているからです。

じゃあどんな帽子がわが子に合うのか、それを考えるヒントとして、私の独断と偏見で、欲しい帽子を書いてみました。

 

私の欲しい帽子

すごくおしゃれなものを望んでいるわけはないのですが、軽くて、できるだけペラペラで、カバンの中に入れたりできるものを探しています。

屋外から、屋内へ移動することも多いので、何も考えずにカバンにバサッと入れたり、あわよくば、ポケットに入れられるような帽子が欲しいんです。

面倒くさがりなので、手入れや扱いのラクじゃないとかぶらなくなってしまうタイプです。(汗)

固く、形がしっかりしている帽子は、その形が崩れないように注意して扱う必要があるので、かばんに入れることはできません。

ただし、お店で帽子を脱ぐのではなく、家やマイカー内で脱ぐだけの帽子であれば、形がしっかりしている帽子で問題ありませんので、そういった用途の場合は、形がキレイに整ったもので良いと思います。

かわいい帽子なのに、形がしっかりしているから買うのを悩んでしまう事があるなら、あきらめるより、用途によって帽子を使い分けるのも手かも知れません。

 

欲しい帽子の形

キャップタイプや、キャスケットなどではなく、日差しが気にならないような、帽子のツバがぐるっとあるデザインが希望です。

首のあたりに、日よけも欲しい。要するに日を避けるための帽子です。

暑い夏の日や、春に思いっきり体を動かしても涼しいように、ナイロンなどの風通しのわるいものではなく、スース―するような、軽い帽子が欲しい

(川遊びや海・プールなどは、ナイロンが活躍しますけどね。)

大きな女の子になれば、ストロー(麦わら)系で大丈夫ですが、キャップをかぶらない男の子や、幼稚園くらいまでの女の子持ちのママなら、ツバのあるアドベンチャーハットや、クロッシェ・キャペリンなどが良くないですか?

毎年良い帽子に巡り合えるわけではないので、実は春夏になると、毎年子供の帽子について悩んでいるんです。

欲しい形の帽子が見つけられない場合は、妥協して間に合わせていました。

もうね。やっぱり欲しい帽子が売っていないんです。だから、重い腰を上げて帽子の型紙にチャレンジすることにしました。(2109年4/14に+sewにて「洗ってたためる帽子型紙」を発売しました。)

これで長年の悩みがひとつ消えますね。(笑)

とりあえずサンプルをUPしましたので、次回、おひろめしますね。

この型紙は+sewbyちゃきステでダウンロード販売中

この型紙は+sewbyちゃきステでダウンロード販売中

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事