※リニューアル前にUPしたブログ記事を再構築して掲載しております。(2018-05-15掲載分)

 

秋に必須のハンドメイドアイテムとは?

意外と秋に必要になるアイテムの1つに帽子があります。

私的には、帽子といえばストローハット。(麦わら帽子)

ぐるりとつばがあり、リボンベルトがポイントになっていて、誰にでも似合うのに、それだけですごくおしゃれさんに見えたりして。(笑)大好きな帽子です♪

でも残念なことに、ストローハットは夏しかかぶれません!

だから運動会とかレジャーなど、夏以外の季節には使いづらいんですよね…。

幼稚園や小学校で行われる子供の行事は、秋に行われるものも多いですし…。

 

運動会で使える帽子とは?

どうしても避けて通れないのが、運動会でも帽子です。

運動会はすごく暑いけど、季節感的に冬の帽子をかぶってしまうと、さらに暑苦しい!

保護者の立場になると、おしゃれさよりもTPOを求められる事の方が多いですもんね。

 

『すごく暑いんだし、10月だけどおしゃれコーデにしたいから夏物の帽子をかぶっちゃえ!』

 

と思っても、やっぱりストローハットでは季節感がおかしく、浮いてしまう気が…。

 

どうすればいいんだ!?と悩んだことないですか?

 

最近はキャップも流行っていますが、つばが前にしかないから、女子としては髪の毛を結んだ時の耳とか、横顔とかの日焼けも気になりますよね?

だからと言って、おしゃれよりTPO(子供が変な目で見られないこと?)を優先させて、綿の帽子を探してみても、いかにもなデザインでダサい…。

これって、私にとって毎年悩むことの1つだったんです。

なかなか、かっこよくて日よけになる帽子には出会えないので、解決策が無いというストレス…。

そこで、おとなサイズ用の帽子を作ってみました。(洗ってたためるサファリ帽子です。)

 

目指したのは、大人もおしゃれにかぶれる帽子

洗ってたためるサファリハット帽子型紙大人デザイン

良い生地が見つからず、ストレッチの入った生地を使ったので、若干上がりが悪い気もしますが、私的にはとっても好きな雰囲気で仕上がりました。しかも日差しから首を守る「日よけ付き♪」

リボンにゴールドのチャームをつけただけですが、ちょっと高級感!?というか、おしゃれな感じになってますよね。(そう思いませんか?笑)

実はここにもちゃきステのこだわりがあるんです。

+sew店長の小糸
個人的にかぶりやすい帽子になりました!

作りやすさとアレンジしやすさへのこだわり

帽子にはいろんな形があります。よくあるストローハットだと、頭回りよりトップがかなり狭くなっていたりします。

+sew店長の小糸
横から見ると台形で、プッチンプリンみたいなイメージ。

そうすると、そこに巻くリボンもカーブしていないとキレイに巻けません。

実は市販のリボンを曲げるのは、結構大変です。アイロンを使って力技でまげて形状を変えていく必要があるからです。

ちゃきステの帽子型紙は、布帛生地をカットして切り替え布を縫い付ける仕様になっていますが、市販のリボンもつけられるように、頭回りとトップの差を少なくしています。

大人向けでシックに作りたい場合は、切り替え布を縫い付けるより、リボンを使った方がイメージよく仕上がるからです。

お店で売っている様なおしゃれな帽子にしたいなら、リボンを付けるのも1つの方法です。(子供用に使ったら、おとな顔負けな帽子になりますよ~。)

洗ってたためるサファリハット帽子型紙はリボンが縫い付けられるからおしゃれな大人デザインも作れる

(上の写真は、まっすぐな状態のリボンを、手縫いで4か所程縫い付けています。カーブを付けた方がもっと帽子に沿うと思いますが、十分かな?と思います。)

ちょっとしたことですが、これでデザインアレンジがかなり広がります。(マジです!)

今年の秋は、綿のおしゃれ帽子を作ってみてはどうですか?

洗ってたためるサファリハット型紙CTA

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事